2016年夏合宿

ティエラコムの合宿教育

自立への第一歩を踏み出す子どもたち

ティエラの合宿教育は、親元を離れ非日常の中で
体験を通して学ぶこと(知恵の教育)
五感をフルに活用させること(実感教育)
興味の喚起・課題の発見・課題解決の姿勢を養うこと(主体性の教育)
さらにチームワーク、リーダーシップを培うこと
(他者への思いやり・社会性・協調性の教育)
をねらいとして実践しています。


スキー

5つのこだわり  あいさつができること:他者への思いやり、感謝の気持ちを表現することができる  班活動:コミュニケーション力、リーダーシップを身につける  非日常を体験する:居心地のよい家庭を離れ、自立への第一歩を踏み出す  体験に学ぶ:知識(頭で理解していること)+体験(実際に五感を働かせ身体で理解すること)=知恵(生きる力)  他流試合:狭い地域を出て、他県の仲間やライバルと出会うことが、人間としての器を大きくする

このページのTOPへ