株式会社ティエラコム > >

新型コロナウイルス感染拡大防止に向けたティエラグループの対策について

お知らせ投稿日2020年8月11日

(初回投稿2020年02月21日)

当塾では「新型コロナウイルス感染予防ガイドライン」を策定し感染予防のため徹底した管理と指導を行っております。登塾の際には、お子様やご家族の健康と安全を守るため、下記の感染予防対策にご協力を賜りますようお願い申し上げます。

感染予防対策(ご協力をお願いいたします)

① ご家庭での登塾前チェックを必須とさせていただきます。学校から直接登塾される場合などは、ご自宅を出られる時で結構です。
(検温、のどの痛み、せき、だるさのチェックをして「健康チェックカード」にご記入の上、できるだけ保護者の方のサインまたは押印のうえ、お持ちください。緊急連絡先もご記入ください。)
※可能であれば登塾時には、各自体温計をご持参ください。
(万一の際、体温計からの感染を防ぐためにお願いします)
② 校舎入り口にて消毒または教室に入る前に手洗いをしてください。
③ 普段からこまめなうがい・手洗いを徹底してください。
④ 登塾時はマスクの着用をお願いします。
⑤ 登塾後に発熱、咳、倦怠感などの体調不良がみられた場合は、保護者に連絡の上、帰宅していただくことがあります。

 

スタッフの感染予防対策も強化しております

① スタッフの健康状態による出勤条件を規定しています。
② 出社時には、体温計を持参し検温、健康チェック、記録を行っています。
③ 校舎入り口にて消毒をしています。
④ こまめなうがい・手洗いを徹底しています。
⑤ 常時マスク着用を原則としています。
⑥ 産業医の協力により、スタッフの健康対策や発生時の適切な対応などを指導していただいています。
※校舎のこまめな換気を心がけています。
※校舎では可能な限り消毒液、手洗い石鹸、予備のマスクを準備しています。
※校舎では可能な限りソーシャルディスタンスをはかる工夫をしています。

 

お子様に塾をお休みいただくケース(校舎は開校しています)

感染拡大、行政指導遵守の観点から、以下の4つのケースの場合、自宅待機をお願いします。

1.本人が感染している場合
2.本人が37度以上の発熱または咳、倦怠感が4日以上続いている場合
3.本人が、濃厚接触者の場合

 ※同居しているご家族が感染されている場合は、通塾をご遠慮ください。
 *濃厚接触者=感染者との同居や狭い車内での同行、排せつ物に触れるなどの接触があった方など
4.通っている学校の学校閉鎖・学級閉鎖の場合
 ※ケースによっては来校していただけます。詳細は校舎にお尋ねください。

 

登塾後に発熱、咳、倦怠感などの体調不良がみられた場合は、保護者に連絡の上、帰宅していただくことがあります。
お休みの期間は、Bit Campus・Web到達度テストや東進t-PODを利用して自宅学習を進めてください。

今後さまざまなイベントは、新型コロナウイルスの感染拡大の影響により、開催日程・内容については変更になる場合がございます。
その場合は、各校舎よりすみやかにご連絡いたします。

<これまでの動き>

6月18日 安倍総理大臣は首相官邸で記者会見を開き、新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐために求めてきた移動自粛の全面解除を表明しました。緊急事態宣言を全て解除した際に出した行程に沿い、19日から社会経済の活動水準を引き上げると発表しました。

5月21日 大阪など関西2府1県で緊急事態宣言を解除する一方、東京など首都圏の1都3県と北海道は継続することを正式に決定しました。25日に改めて専門家の意見を聴き、感染者の減少傾向などが続いている場合は、全都道県の解除も可能だという認識を示しました。

5月14日 安倍総理大臣は、新型コロナウイルス感染の状況から、39県について「緊急事態宣言」を解除することを発表しました。「特定警戒都道府県」の8都道府県の緊急事態宣言の解除については、21日をめどに専門家の評価を考慮して、期限の31日を待つことなく可能であれば解除する考えを示しました。

5月4日 安倍総理大臣は、新型コロナウイルス感染拡大の状況から、5月末まで「緊急事態宣言」を延長することを発表

4月16日 「緊急事態宣言」を全国に拡大すると発表
(最初に宣言した対象の7都府県に加え、北海道、茨城県、石川県、岐阜県、愛知県、京都府の6つの道府県をあわせた13都道府県について、特に重点的に感染拡大防止の取り組みを進めていく必要があるとして、「特定警戒都道府県」と位置づける)

4月7日 法律に基づく「緊急事態宣言」の発出
(対象は東京、埼玉、千葉、神奈川、大阪、兵庫、福岡の各都府県で、宣言の効力は当面5月6日まで)

 
 

ティエラグループでは、地域の状況をふまえて、感染予防を徹底しながら通常開校を行ってまいります。
開校の際は、引き続き感染拡大防止対策を徹底し、安心して登塾いただけるように努めてまいります。
また自宅受講を希望される場合でも、生徒のみなさんが学習を継続し、規則正しい生活リズムでこの緊急事態を乗り切っていけるようサポートしてまいります。
 
夏期講習会は、学校登校日や部活などのスケジュールを考慮して開講いたします。感染予防対策はもちろん、熱中症予防にも心がけております。
講座の詳細は各教室へお問い合わせください。

 

ティエラグループ
危機管理対策チーム医療責任者
株式会社ティエラコム 常務取締役
(医学博士)山本 学

コロナウイルス自体は以前から存在しましたが、新型コロナウイルスは未知のものだけに特効薬がなく恐れられています。この感染症は、飛沫感染と接触感染の2つが考えられます。うがい、手洗いなどの習慣を徹底すること、健康管理に努めるなど、一人ひとりが感染予防を行うことが大切です。また咳エチケットとしてくしゃみや咳が出るときは、マスクを着用することも心がけましょう。発熱、咳、倦怠感が続くようでしたら医師に相談してください。過剰に恐れず、日々の予防策をご家族みなさんで行っていただくようお願いいたします。ティエラでは可能な限りのお子様の学習サポートを行ってまいります。

ティエラグループ
危機管理対策チーム医療責任者
株式会社ティエラコム 常務取締役
(医学博士)山本 学

 

関連サイト

Bit Campus
首相官邸ホームページ
厚生労働省ホームページ
ティエラコムホームページ
ティエラなんでも相談室 0120-1616-78
(月~金 10:00~17:00 神戸本社にて受け付けております)

 
 

ティエラグループ 危機管理対策チーム
神戸市中央区東川崎町1-3-3 神戸ハーバーランドセンタービル