TIERRA.COM Co.,Ltd. RECRUITING WEB SITE

Yuta Takeuchi's VOICE
文理・学歴問わず
“誰かのために”が
最も実感できる仕事

竹内 祐太東進衛星予備校
あべのハルカス校
(大阪府)

竹内 祐太

多くの企業を見て回り、たどり着いた結論

当社の東進衛星予備校には、多くの学生アルバイトが所属しています。そして、そのアルバイトでこの仕事の魅力にハマり、大学卒業後に正社員となるスタッフも多く存在しています。私もその一人です。
しかし実を言うと、他業種での就職活動もしっかり行っていました(笑)。
というのも、「この仕事はおもしろいけど、世の中にはもっとおもしろい仕事があるかもしれない!」と思い、新卒の機会を活かして様々な企業を見て回りたかったから。本当にあらゆる業界や職種の説明会に参加してみましたが、結局、一番心を惹かれたのは、このティエラコムの仕事でした。
他の企業や仕事を見てもなお、「ここがイイ!」と入社を決意したのは、“人のためになっている”という実感を一番強く感じることができると思ったからです。さらに、ティエラコムで働く人の魅力も大きかったですね。一緒に働きたいと思える人ばかりの会社なんて、なかなか出会うことはできませんから。

一番身近な「受験コンサルタント」

東進衛星予備校での仕事は、教壇に立つ「講師」と違って、生徒や保護者の皆さんに最も近い「受験コンサルタント」のようなもの。生徒の目標を一緒になって見つけ、そのためにはどんな大学へ進学すれば良いか、今どんな受験対策をするべきかをアドバイスしていきます。受験をするのは、あくまでも生徒自身。私たちは彼らがベストな状態で受験に臨めるよう、共に走り、ゴールを目指す。いわば受験の伴走者なのです。
アルバイトで経験があったとはいえ、正社員となると担当する生徒数も増え、学生アルバイトの教育も行わなければなりません。例えば、アルバイト時代は最高でも40名程度だった担当生徒が、今では90名にまで増えています。特に現在所属している「あべのハルカス校」は、立地の点から大阪府内約60の高校から生徒が集まり、生徒数だけでなく、学力レベルも高くなっています。
最初は正直、大変だと思ったこともありますが、毎日生徒たちと顔を合わせ、言葉を交わしていくうちに、それがやりがいへと変わっていきました。もちろん、すべての生徒の顔と名前を覚えていますよ!

竹内 祐太竹内 祐太

文系出身の私が医学部志望の生徒を担当!

私が現在担当している生徒の中には、国立大学の医学部を目指す生徒もいます。ですが私はれっきとした文系出身(笑)。もともと理系の知識も、ましてや医学部受験の知識など全くありませんでした。
しかし、ティエラコムは「任せてくれる」会社なのです。
「まずはやってみよう!」というチャレンジ精神が根付いており、そのためのサポートは惜しみなく行ってくれます。私自身も、あらゆる資料を使って勉強し、わからないことは理系の得意な先輩方にどんどん質問しています。勤務中は当然ながら、通勤時間なども有効的に使って勉強しています。まるで、私自身も受験生になったみたいですね。
もちろん、こういったことは誰かに強制されるわけではありません。でも、「この生徒のことを何とかしたい!」という生徒への想いが、自然と「自らの勉強」につながっていきました。私たちが一つの情報を伝えられなかっただけで、受験が上手くいかなかったということもあり得る。この仕事は、それくらい責任とやりがいのある仕事です。
その代り、オフの日はバッティングセンターで思いっきり体を動かしたり、友人と遊びに行ったりしてリフレッシュしています。こういった充電の時間があるからこそ、いつも元気に生徒と接することができています。

就職活動中の皆さんへ

入社1年目、初めての合格発表のときでした。
「おめでとう!」と言える生徒もいれば、志望校に合格できず涙する生徒も。そしてその涙は、私がもっと優秀な伴走者であれば、流すことがなかったものかもしれません。そう思うと、この仕事の責任の大きさと、だからこそ他では感じられない大きな魅力を実感しました。
前述したように、当社は文系・理系、さらに学歴関係なく「任せてくれる」会社です。
私も通常の生徒担当に加え、現在は無料体験の生徒130名の管理や、その生徒たちに向けた受験セミナーも担当させてもらっています。
では、この仕事で必要な能力は何なのか?それは、「生徒を大切に考える気持ち」だと思っています。私自身、1年目の合格発表を経験して以来、さらにその気持ちが強くなりました。
ですから皆さんも、「誰かを支えていきたい!」と思う気持ちがある方は、学歴や文理にこだわらず、ぜひティエラコムの説明会に参加してみてほしいですね。きっと皆さんの成長にもつながると思いますよ!

竹内 祐太

私のある1日の業務スケジュール

  • 14:00

    出社
    担当生徒の授業の進捗をチェック。目標を達成するために、どんな課題を与えるか考えていきます。今日は、志望校の合格者平均を調べて、対策を練っている最中。面談の準備も生徒たちが登校する前に済ましておきます。
  • 16:00~

    生徒が登校
    徐々に生徒が登校してきます。「あべのハルカス校」は大阪府内の様々な高校から生徒が集まりますから、高校の情報収集もマメに行い、生徒との会話にも結び付けます。
  • 17:00~

    面談など
    面談は1日に10人から、多いときは20人行うことも。意欲の高い生徒が多いですが、少し熱意が足りない生徒には、「どんなふうになりたいのか」一緒に目標を考えるところからスタートしていきます。
  • 20:00~

    事務処理・電話連絡
    面談の記録を整理し、次の面談に活かしていきます。また、保護者への電話連絡なども行います。
  • 22:30~

    退社
    自宅が少し遠いので、寄り道せずに帰宅!休みの日は、バッティングセンターで体を動かしたり、友人と遊びに行くことが多いですね。