TIERRA.COM Co.,Ltd. RECRUITING WEB SITE

Masayuki Horimoto's VOICE
「自立」をサポートし
生徒も自分も
“地球サイズ”の人間に

堀本 将礼山本塾
垂水教室(兵庫県)

堀本 将礼

世界に目を向けた想いに共感して

私が教育業界を目指したきっかけは、高校のときの英語の先生。
本当に丁寧に生徒一人ひとりのことを見て頂き、おかげでそれまであまり得意でなかった英語が大好きになり、外国語大学にも合格することができました。そのとき、「教育者というのは、ここまで人に影響を与えることができるんだ!」と感激したんです。
その教育業界の中でもティエラコムは、『地球サイズの人づくり』というテーマを掲げ、世界に飛び出し、社会の役に立つような人づくりを目指しています。自分も今まで学んできた英語を活かして、そういう風になりたい!そんな子どもたちを育てたい!という想いと重なり、入社を決意しました。

「教室の空気を自分が創る」という面白味

現在所属する山本塾垂水教室は、一斉授業のスタイル。私は小学生から中学生まで、幅広い年齢層の生徒を担当しています。クラスによって年齢が全く違うため、それぞれ言葉の使い方や雰囲気づくり、意識する点なども変えて臨んでいます。
今でこそ言えますが、初めて教壇に立ったときは手が震えるくらい緊張しました(苦笑)。しかし、2~3ヵ月くらい経ったときから、たくさんの生徒が一斉に喜んでくれ、一つの教室の空気を自分が創ることができることに楽しさを覚えるようになってきました。
また今まで本気で授業を聞いていなかった生徒が、例えば将来の目標が決まったり、テストで良い点数が取れたりといったことをきっかけに、「目の色」を変えて授業を聞くようになった瞬間。そして、今までの努力が実って志望校に合格した瞬間などは、本当にこの仕事をしていて良かったと思いますね。

堀本 将礼堀本 将礼

結果だけでなく、生徒に寄り添い「自立」をサポートしたい

もちろん「全員合格」が目標ではありますが、やはりそれが叶わない場合もあります。
私が担当した、ある女子生徒のお話です。
高校受験を控え、志望校も決まったのですが、なかなか本気になることができず、遅刻をしたり宿題を忘れたり…。これではダメだと面談を重ね、話を聞いているうちに、「本当は何をしていいのかわからない。友人関係も上手くいかなくて、勉強に身が入らない」と、泣きながら悩みを打ち明けてくれました。
残念ながら、私たちがその悩みを完璧に解決してあげることはできません。
しかし、じっくり話を聞いて、共に目標を探し、生徒自身が頑張って解決できるようサポートしてあげることは可能です。その生徒も、私に自分の悩みを吐き出すことで、自分の考えが整理でき、やりたいことを少しずつ絞りこむことができました。そして目標が定まったことで、なんとか気持ちも晴れ、最後は悔いのないよう全力で受験勉強に取り組んでくれました。
ドラマや小説なら、ここで見事に合格を勝ち取るのでしょうが、結果は不合格。しかし、その後にその生徒から、こんな手紙が届いたんです。
「先生、いろいろ話を聞いてくれてありがとうございました。行きたい高校には行けなかったけど、この悔しさを活かして、大学受験では絶対にリベンジするよ!本当にありがとう!!」
確かに結果は良くないものでしたが、確実にこの生徒は成長できた!「自立」の第一歩を踏み出せた!そう思える出来事でした。きっとこの生徒なら、大学受験で手紙通りにリベンジしてくれることでしょう。
そして、私自身もこのことを糧に、より生徒のためになる「自立教育」を考え、実行し、生徒の目標実現をサポートしていきたいと強く思いました。

就職活動中の皆さんへ

私たちの仕事は、数ある教育の仕事の中でも、“本気で”生徒たちの人生とかかわることができる仕事だと思っています。そして社員全員が同じように本気で仕事をしている現場です。前述のエピソードのように、喜びが大きい分、プレッシャーも大きな仕事だと思いますが、私はそういった環境の中で仕事ができることを誇りに思っています。
目指すのは、入社当初からの想いである「世界に飛び出すような人材を育て、自分自身もそうなる!」という目標を実現すること。子どもたちと共に、私自身も成長していきます!

堀本 将礼

私のある1日の業務スケジュール

  • 13:00

    出社
    基本はこの時間に出社します。
    生徒が登校してくる前に授業の準備や保護者への連絡を行ないます。
  • 16:50~

    小学生の授業開始
    生徒が登校する時間には、明るい笑顔で出迎えます。
    小学生の授業は、とにかく興味が持てるように楽しく!
  • 19:30~

    中学生の授業開始
    一方で中学生の英語は、小学生と違って文法の細かなところまで指導。
    学年によって指導方法や教室のムードも変えていきます。
  • 22:00

    退社
    生徒を見送って、事務処理を終えたら退社。明日のためにゆっくり休みます。