TIERRA.COM Co.,Ltd. RECRUITING WEB SITE

Koji Bandou's VOICE
人生の分岐点に
影響を与える
大きな責任とそれ以上の
喜びがあふれる仕事

板東 晃司東進衛星予備校
阪急西宮ガーデンズ前校
(兵庫県)
副校長

板東 晃司

就職活動をして改めて気付いたこと

実を言うと、就職活動では教育系以外の企業を多く回っていました。
スポーツが好きなのでスポーツ用品のメーカー、身近な存在である食品系など、たくさんの企業に足を運び、面接も受けていました。しかし、どの仕事も学生時代のアルバイトよりも「面白い!」と思えるものではなかったのです。そして、そのアルバイト先というのが、当社ティエラコムの東進衛星予備校。
この仕事は、受験という生徒たちにとって人生で初めての「分岐点」に立ち会える仕事。人の人生に大きな影響を与える仕事です。就職活動で様々な企業を見聞きし、改めて「そんな仕事は他にないのでは!?」と実感しました。

教えるのではなく、生徒から多くを教わる

塾の仕事というと、教壇に立って勉強を教える「講師」というイメージがあるかもしれませんが、東進衛星予備校での仕事はちょっと違います。
主な仕事は、生徒の学習アドバイスやメンタル面のケア。また、学生スタッフの教育や生徒募集の企画立案・運営、保護者さんのフォローなども大切な業務です。
例えば、「将来どんな道に進みたいのかわからない…」という生徒に対し、趣味や部活動など好きなもの、興味のあるものから少しずつ紐解き、将来の目標を描けるようサポートしていきます。さらに、その目標を実現するためにはどんな大学に行けばいいのか?その大学に行くためにはどんな勉強をすればいいのか?一つずつ生徒と共に落とし込みながら、当社の方針でもある『自分で勉強する力』を養っていくのです。
そういった中で自分の目標を見つけ、「将来は政治家になって日本を変えたい!」と政治経済学部を目指した生徒や、当初受験した模試では合格圏外を意味するE判定でも諦めず、難関国立大学に合格した生徒の姿からは、逆にたくさんの希望や喜びを与えてもらっています。

板東 晃司板東 晃司

スタッフの成長がまるでわが子のように…

生徒の成長にも大きなやりがいを感じますが、それと同じくらい学生スタッフの成長にも喜びを感じています。
つい最近まで高校生だったスタッフが、少しずつ「仕事」をすることへの心構えや責任感を身に付け、社会人に近付いていく。そして最終的には、生徒たちと同じように自分の目標を見つけ、希望の就職先をはじめとする新たな世界へと踏み出していく。そんな姿を間近で見守ることができるのは、私たち自身にとっても得るものが大きいと感じています。
なかには、高校時代に東進に通っていたというスタッフもおり、高校・大学と「長い付き合い」。大袈裟かもしれませんが、「わが子の成長のように」嬉しく思っています(笑)。

就職活動中の皆さんへ

私は入社3年目から担当校舎のマネジメントに携わり、5年目の夏からは、現在の校舎の責任者を任されるようになりました。生徒数400人、学生スタッフ約20人。一人ひとりの性格や想いを把握し、それぞれの目標実現に向かって試行錯誤する毎日です。
こういった「早いうちから責任のあるポジションを任せる」というのは、私に限ったことではなく、当社全体のスタイル。確かにプレッシャーもありますし、初めのうちは「自分には無理かも」と落ち込むこともありました。しかし失敗を重ね、何事にも先を見据えて行動する術を身に付け、少しずつですが成長している自分を感じています。
就職活動中の皆さんに伝えたいのは、この仕事が「他では味わえない喜びを得られる仕事」だということ。生徒や学生スタッフの“人生の分岐点”に携わり、そこに影響を与えることができる。そんな大きな責任のある仕事なのです。
そういった経験を若いうちから得ることができるというのは、皆さんの人生にとっても必ず糧となるはず。「人間的にも成長したい」という方は、ぜひ当社の門を叩いてほしいですね!

板東 晃司

私のある1日の業務スケジュール

  • 13:00

    出社
    メールや社内イントラネットをチェックし、他の校舎の様子も把握。前日からの事務処理や、生徒募集の企画立案もこの時間に行なうことが多いです。
  • 17:00~

    生徒が登校
    生徒が徐々に登校してきますので、進路の面談などがあれば進めていきます。
  • 18:00~

    保護者面談
    見学に来られた保護者との面談がある場合も。お子さんのご家庭での様子もヒアリングし、問題解決のご提案をしていきます。
  • 23:00

    退社
    今日もお疲れさま!生徒を見送って、事務処理を終えたらなるべく早く帰宅します。ちなみに休日は家族との団欒が何よりの楽しみ。