TIERRA.COM Co.,Ltd. RECRUITING WEB SITE

Chihiro Ueda's VOICE
“働く社員が主役”
一人ひとりが
会社に貢献できる!

上田 千尋 東進衛星予備校
周南徳山駅前校(山口県)

上田 千尋

人生の大事件にかかわれる貴重な仕事

東進衛星予備校では、大学1年生の頃からパートナースタッフ(以下PS)として、担任助手のアルバイトをしていました。担任助手とは、より生徒に近い位置で生徒への学習指導や受講の管理などを行う役割です。就職活動の際は、その当時の上司から「このまま正社員の試験を受けてみたら?」という声も掛けて頂き、最初からティエラコムの採用試験を受けるという選択肢もありました。しかし「人生に一度しかない新卒という機会、他の企業や業界も見てみたい」という想いから、他業種の説明会や面接に参加していました。
そして外を見ることでわかったことは、ティエラコムのはっきりとした特長でした。当社では、いつでも “働く社員が主役”。 現場の仕事が一番表に出る仕事であり、それを若いときからどんどん任せてくれる会社だということです。しかもその現場というのは、生徒たちにとって「人生の大事件」とも言うべき大学受験の場。赤の他人である私たちが、その場にかかわることができるというのは、とても大きな責任を感じると共に、貴重な経験であり、他では得られないやりがいがあることだと思っています。
私にとっての就職活動は、こういったこの仕事の良さを改めて考える機会となり、ティエラコムへの入社を決意するものとなりました。

「若手だから」「女性だから」できることも

現在はアルバイトをしていたときの校舎から異動し、もう少し規模の小さな校舎に所属しています。校舎には、校長1人と私を含めたメンバーが2人という計3人の正社員。そして、私たちがフロントと呼んでいる受付業務担当のPS3人が働いています。地方都市で周囲に大学が少ないことから、生徒と直接かかわる担任助手を務めるPSが在籍していないという、ティエラコムでは珍しい校舎です。その代わり私たち正社員のメンバー2人が担任助手の役割も務めますので、生徒たちにより近い形で学習指導や面談などを行なえます。
特に私の場合は、年齢が生徒たちと近く、女性ということもあり、お姉さん的な話しやすさもあるようです。「友達となじめない」「学校が面白くない」「やる気が出ない」など、この年頃特有の悩みを相談されることも多いですね。なかなか解決まで導くことは難しいですが、私が話を聞くことでスッキリして前を向ける生徒もおり、「少しは役に立てたかな」と感じています。今後も、生徒から「私」に求められるものをキャッチし、少しでも生徒の支えになれるようにしていきたいですね。

上田 千尋上田 千尋

「任せてくれる喜び」があります。

ティエラコムという会社は、本当にいろいろなことを「任せてくれる」会社です。
例えば、まだ入社間もないときから、保護者と生徒との継続の三者面談を任せて頂きました。契約期間が終わる生徒に向け、次の期間への指導方針を提案する面談なのですが、その面談によって、生徒が受講を継続するか否かが決定されます。つまり、次の売上(授業料)が上がるかどうかを託されるということです。もちろんプレッシャーもありますが、そういった責任のある仕事を任せてもらうことで、自分も成長を実感することができています。
また、冒頭でお話したように、「現場の仕事が主役」ということから、社員一人ひとりの働きでも、教室全体や地区、会社への貢献にもつながるというところが魅力だと思います。
そして、そういった社員一人ひとりは、皆さん個性的で尊敬できる人たちばかり。判断に迷ったときには、今まで見てきたそういった先輩たちを思い出し、「あの人ならどんな判断をするだろう?この人ならどうだろう?」と考えるようにしています。そうすると自然に「自分ならこうする!」という答えが見つかるんです。

就職活動中の皆さんへ

「これをやりたい!」と発信すると、決して頭ごなしに「NO!」と言わないのがティエラコムの良いところ。きちんとした理由と熱意があれば「じゃあ、やってみて」と言って下さいます。そして成功すると、上長だけでなく地域の校舎の方々や会社全体が一緒になって喜んでくれます。
「表彰制度」もあり、新入社員対象の賞やPSを評価してくれる賞など、モチベーションの上がる制度が整っています。私も学生時代に表彰して頂き、自分の頑張りを認めて頂いたことに、とても感激しました。
今から新しく仲間となる皆さんにとっても、自分の可能性を伸ばす、とても良い環境だと思います。当社でやりたいことがある人、まだ見つからないけど何かにチャレンジしたい人、ぜひ一緒に「これをやりたい!」と発信していきましょう!

※PS=パートナースタッフ
当社ではアルバイトスタッフのことを共に仕事をしてくれるパートナーという思いをこめて、パートナースタッフとお呼びしています。

上田 千尋

私のある1日の業務スケジュール

  • 14:00

    出社
    先に出社しているフロントスタッフと連絡事項を確認したり、生徒が来る前の準備を整えたりと、校舎中を動き回っています。
  • 16:00

    生徒が登校
    徐々に生徒が登校してきますので、予定していた面談なども行っていきます。
    この間に生徒が様々な相談事に来ることもあり、その都度対応もしています。
  • 19:30

    ホームルーム
    他のスタッフと交替でホームルーム(HR)も行ないます。週1回のHRでは、学年ごとに勉強への意識付けなどの話をさせてもらっています。
  • 23:00

    退社
    生徒を見送った後は、なるべく早く退社するように心掛けています。明日に向けて、自宅でゆっくりリフレッシュします!